アークナイツ

【アークナイツ】先鋒オペレーターについて解説

皆さん、こんにちは!いし(@ishilog2)です。

今回は先鋒オペレーターについて解説をしたいと思います。

先鋒オペレーターについて解説

先鋒オペレーターの特徴

先鋒≪ヴァンガード≫は作戦の起点となる職業です。
役割は序盤に配置をして敵の進行を抑えつつ”コスト”を稼ぎ後続キャラを配置する基盤を整えることとなります。
コスト回復スキルは先鋒オペレーターのみが所持しています。
先鋒オペレーターはスキル・ステータスによって型が分けられるので下記で紹介したいと思います。

コスト回復≪火力≫型

時間経過でコストが回復するスキル+攻撃型のスキルを所持している。
ステータスは攻撃が高く、防御が低い傾向があります。

オペレーターリスト

オペレーター レア度 特徴
テキサス ★★★★★ スキル2は範囲内の敵に術ダメージ+スタン付与とコスト回復。
素質は初期所持コスト増加。
ブロック数:2
スカベンジャー ★★★★ スキル2はコスト回復と攻撃力が上昇する。
素質で隣接4マス以内に味方がいない場合攻撃防御に自己バフをかけれる。
ブロック数:2
バニラ ★★★ スキル2はコスト回復と攻撃力が上昇する。
ブロック数:2

コスト回復≪防御≫型

時間経過でコストが回復するスキル+防御型のスキルを所持している。
ステータスは攻撃が低く、防御が高い傾向があります。

オペレーターリスト

オペレーター レア度 特徴
ズィマー ★★★★★ スキル2は先鋒に攻撃防御UPのバフをかけ、敵を撃破する度に所持コストを+1する。
素質は先鋒の配置コスト-1。
ブロック数:2
クーリエ ★★★★ スキル2はコスト回復と防御力が上昇する。
素質はブロック数が2以上の時防御力が上昇するため、耐久は優秀。
ブロック数:2
フェン ★★★ 配置コストが一番少ない(9/11)。
ブロック数:2

敵撃破・撤退時回復型

特性で敵撃破時にコストが回復・撤退時に配置コストが返却される。
ステータスは攻撃が高く、HP・防御・配置コストが低い傾向があります。
用途としては序盤の追加火力として使用することが多いです。

オペレーターリスト

オペレーター レア度 特徴
グラニ ★★★★★ スキル2は攻撃防御に自己バフ・ブロック数が+1され、ブロック中の敵全員を攻撃する。
素質は先鋒の物理回避を上げる。
ブロック数:1
*イベント報酬限定キャラ
ヴィグナ ★★★★ スキルにより攻撃力が大幅に上昇する。
素質は確率で攻撃力が上昇する。
スキルと素質の組み合わせが良く、高い攻撃性能を持つ。
ブロック数:1
プリュム ★★★ スキルにより攻撃力と攻撃間隔が上昇する。
素質でも攻撃力が上昇する。
ブロック数:1

特殊型

素質やスキルが特殊で上記のパターンに当てはまらない。
中でも『テンニンカ』は非常に優秀な性能です。

オペレーターリスト

オペレーター レア度 特徴
テンニンカ ★★★★ コスト回収率が最も高い。
スキル2はコスト回復と治療を同時に出来る唯一無二の性能となっている。
スキル1,2共にスキル発動中はブロック数が0となる。
素質は先鋒の持続回復。
ブロック数:1
ヤトウ ★★ 高速再配置が可能。
コスト回復スキルを持たない。
ブロック数:2

シージ

シージ イメージ画像上記の枠に収まらない唯一無二のキャラ。
高いステータス・優秀なスキル・素質によって、コスト回復と敵の殲滅を高い次元で実施できます。先鋒に求めている役割をすべてこなせます。
スキル2は倍率・回転が高い範囲攻撃+コスト回復スキルとなっていて、初動に必要な全ての要素が集約されています。
中華版では四天王の1人と呼ばれているみたいです。

他職業の解説(リンク)

▶ 特殊オペレーターについて

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です